旅行関連著書のご案内

 三浦 雄一郎 著 『歩く技術 60歳からの街歩き・山歩き』

三浦雄一郎の登山術、全部おしえます!!
歳をとっても山登りをあきらめる必要はない!
生活習慣病を解消するトレーニング法から
携行食レシピまで。雄一郎&豪太のタッグ
が教える「トレッキングの極意」

タイトル:
「歩く技術」60歳からの街歩き・山歩き 1,400円(税別)
発行所: (株)講談社 TEL (03)5395−3622(販売部)
 池内 嘉正 著 『地球の島めぐり70』


還暦を機に一念発起し、夫婦で旅を続ける「旅の鉄人」の写真日記。
70歳の「古希」を迎えて、7年間の歳月を掛け世界の島70島を踏破。
北極点からスタートしゴールは南極点。アフリカのマダガスカル島、
南米のガラパゴス諸島など、あまり観光地化されていない場所を選び、
雄大な自然と豊かな人情に触れる。
世界の島々での出会いとふれあいを、迫真の写真と爽快な文章で綴る
旅情あふれるフォトエッセイ。


タイトル:
地球の島めぐり70 2,000円(税別)
発行所: (株)青幻舎 TEL (075)252−6766(代表)
 小久保 晴行 著 『地球つかみどり
 百聞は一見に如かず。そのに暮らす人々の
素顔を求めて巡った見聞録。

 自分の見知らぬ場所に旅をしながら、
物事を再発見して、体験して生きていくのが
人生にとってきわめて重大であると私は思う。
タイトル:
地球つかみどり 1,400円(税別)
発行所: 長崎出版(株) TEL (03)5283−3752(代表)
 大内 雅博 著 『時刻表に見る スイスに鉄道
 九州ほどの面積の国土に約5000キロの鉄道が走るスイス。アルプスなど国際的な人気観光地としてのイメージが強いスイスだが、この国は、実は独自の思想やシステムにもとづいた知る人ぞ知るオンリーワンの鉄道の国だ。本書は、時刻表を通してスイスの鉄道運営のありようを紹介するとともに、日本の鉄道のもつ条件や問題点を、比較的な視点から検証する。
タイトル:
時刻表に見る スイスに鉄道 800円(税別)
発行所: (株)交通新聞社 TEL (03)5216−3217(販売部)
 『日本人がまだまだ知らないイタリア 旅のヒント・コラム130』
 「どこまでも罪深い教皇と凶悪な息子たち」など歴史や伝説、「イタリアの男性はマザコン?」「カラヴァッジョの波瀾の人生」など文化や美術史、「最大のチーズ対決」「並ばないで入場するために」などイタリアの食やローカルのとっておき情報まで盛りだくさん。
タイトル:
日本人がまだまだ知らないイタリア 旅のヒント・コラム130 
740円(税別)
発行所: (株)メディアファクトリー TEL (0570)002−001(代表)
 『日本人がまだまだ知らないハワイ 旅のヒント・コラム138』
 「ハワイの創世叙事詩」「王と神とサメ男の谷」といった歴史や伝説、「サーファー言葉」「ハレアカラの日は15分長い?」など文化や自然、「ホエールウォチングの作法」「自分でできるバス・ツアー」などハワイを訪れるなら知っておきたいコラムがぎっしり138!
タイトル:
日本人がまだまだ知らないハワイ 旅のヒント・コラム138 
740円(税別)
発行所: (株)メディアファクトリー TEL (0570)002−001(代表)
 中野 京子 著 『名画で読み解く ハプスブルク家12の物語
 スイスの一豪族から大出世、偶然ころがりこんだ神聖ローマ帝国皇帝の地位をバネに、以後、約650年にわたり王朝として長命を保ったハプスブルク家。彼らを描いた名画に寄り添い、その波瀾万丈の物語をつむぐ。
タイトル:
名画で読み解くハプスブルク家12の物語 980円(税別)
発行所: (株)光文社 TEL (03)5395−8114(販売部)
 津山 正 著 『「飛鳥」よ、ありがとう! その航跡をふりかえって

 世界一周クルーズでも活躍した、短くも輝かしい生涯だった客船「飛鳥」。その航跡をふりかえり、飛鳥をめぐるヨモヤマ話をまとめる。
『クルーズ』掲載ほかを書籍化。

タイトル: 「飛鳥」よ、ありがとう! 600円(税別)
発行所: 海事プレス社 TEL (03)5835−4164(代表)
 白野 降雨 訳 『思想は武器に勝る フィデル・カストロ自選最新演説集

 革命から半世紀、戦い続けた偉大なるリーダー、フィデル・カストロが国民とともに保持してきたのは、武器ではなく、生きる力の源となる高邁な思想だった! 引退直前のカストロ議長が熱く語りかけた、珠玉の言葉の数々を収録。

タイトル: 思想は武器に勝る 2,800円(税別)
発行所: VIENT TEL (03)3551−7646(代表)
 高木 美千子 著 『海幸・川幸・山幸 土佐癒やしの旅』

 四季折々の農林漁業体験に加えて、登山、フィッシング、カヌー、ダイビング、サーフィン…、
とレジャーもいっぱい!土佐の旅のお供に。

タイトル: 海幸・川幸・山幸 土佐癒やしの旅 952円(税別)
発行所: (株)高知新聞社 TEL (088)825−4330(代表)
 『シネマで散歩、パリの旅』

 恋の街パリは、いくつもの映画の舞台として登場し、時に私たちのおしゃれ感性を刺激し、時に旅情を掻き立ててくれました。これは、そんなパリを舞台にした素敵なシネマたちの写真集。作品解説には撮影に使われた場所の一部も記していますので、あなたのパリの旅をより充実させる御供にもなります。

タイトル: シネマで散歩、パリの旅 1,300円(税別)
発行所: (株)近代映画社 TEL (03)5568−2811(代表)
 貫井 由美 著 『愛しのヨーロッパ・爆笑ツアー日記

  現役ツアコンだから書ける究極の
 爆笑ツアー日記!イタリア、フランス、
 スペイン、ポルトガル…愛するヨーロッパ
 の地を駆けめぐっての、一読驚嘆・抱腹
 絶倒のエピソードがテンコ盛り!笑えて
 ためになるツアー日記の決定版。

タイトル: 愛しのヨーロッパ・爆笑ツアー日記 1,500円(税別)
発行所: (株)近代映画社 TEL (03)5568−2811(代表)
 ロンリープラネットの自由旅行ガイド 『タイ』 

 ロンリープラネットの人気「タイ」第2版。
変貌著しいバンコクから密林の奥まで、10人の著者が259日間をかけて取材。超低予算の旅から楽園のリゾートまで、グルメやお値打ちのステイ先などタイを満喫するなら必読の1冊。隠れビーチ、山岳民族、黄金三角地帯、地元のお祭りなどここだけ情報も満載。

タイトル: ロンリープラネットの自由旅行ガイド『タイ』 2,880円(税別)
発行所: (株)メディアファクトリー TEL (0570)002−001(代表)
 椎名 誠 著 『ニッポン ありゃまあ お祭り紀行

  おみこしぶっ壊しまくり! 泥神様
 と追いかけっこ! 抱腹絶倒、奇妙
 奇天烈な「ありゃまあ」祭りをターゲット
 に取材敢行。『自遊人』連載に加筆し
 単行本化。

タイトル: ニッポン ありゃまあ お祭り紀行 1,800円(税別)
発行所: (株)カラット TEL (03)6826−1101(販売)
 椎名 誠 著 『秘密のミャンマー』
  

  知られざる国ミャンマー。そこには、
 いま誰しもが忘れてしまった正真正銘
 のアジアの微笑があった。
 超俗の不思議  風景、光景に初めて
 出合って旅の作家・シーナ氏は、はたと
 考えたのであった。「宗教と人間とは?」
 そして「国とは何か」・・・を。

タイトル: 秘密のミャンマー 638円(税別)
発行所: (株)小学館 TEL (03)5281−3555(販売)
 千葉 千枝子 著 『JTB 旅をみがく現場力』
  JTBが創業100周年を機に、大胆な
 組織解体を実施。この「分社化」で顧客
 や取引先、従業員にとって魅力ある
 会社になれたのか。「JTBブランド」を
 つくる風雲児たちのドラマがここにある。
タイトル: JTB 旅をみがく現場力 1,600円(税別)
発行所: 東洋経済新報社 TEL (03)5605−7021(販売)
 千葉 千枝子 著 『カナダ バンクーバーロングステイ術』
  「世界一暮らしやすい街」で、あなた
 も学び、遊び、楽しみながら、ロング
 ステイしてみませんか?衣食住などの
 基本のほか、お得情報、プランニング
 アドバイスなど、ロングステイを楽しむ
 ためのノウハウを紹介します。
タイトル: カナダ バンクーバーロングステイ術 1,500円(税別)
発行所: JTBパブリッシング TEL (03)6888−7893(販売)
 三浦 幹男/秋山 芳弘 著 『世界の高速列車 』
  最高速度200km/h以上の
 高速列車を豊富な写真と詳細な
 データで紹介。現在の高速列車の
 すべてが分かる鉄道ファン必携の
 1冊です。

タイトル: 世界の高速列車 2,625円(税込)
発行元: ダイヤモンド・ビッグ社 TEL (03)3560−2121(総務)
 三浦 幹男 著 『魅惑の世界鉄道紀行 』





  鉄道写真に本格的に興味を
 持ち始めて、既に35年以上が
 経った。はじめは消え行く蒸気
 機関車を追いつつ、その終焉後
 は、特に美しい自然の風景を走
 る列車を求めて、全国の鉄道を
 撮り歩いた。
  スイスへの鉄道の旅をきっかけ
 にその魅力に一層取りつかれ、
 撮影のフィールドは世界へと広が
 っていった。


ベルリン中央駅(ドイツ)
花火も打ち上げられた新しい
ベルリン中央駅の開業式風景

         2006年5月26日
タイトル: 魅惑の世界鉄道紀行  2,800円(税別)
発売元: (株)ネコ・パブリッシング TEL (0120)825−025
 西口 正司 著 『白神物語』
  近代文明を拒絶するかのような大自然、
 山上への畏布の念を忘れないマタギの
 精神、白神の仙人、人間の母乳で育て
 たれた熊、命を助けられた忠犬・・・・・。
  白神山地に息づくものたちが織り成す
 壮大なスケールの長編小説。
タイトル: 白神物語 1,800円(税別)
発行所: 新風舎 TEL (03)3746−4648(営業)
 バン・ジロー 著 『蒼穹への道』
  ヒマラヤは世界遺産をしのぐ
 『宇宙遺産』です。雲を突き抜けて
 いつも蒼穹の空にそそり立つ白き神々
 の峰を仰ぎ見てください。
 心洗われます。
タイトル: 蒼穹への道  2,500円(税別)
発売元: ヒマラヤンブルーの会 郵便振替00150−5−260428
 森田 健 著 『レフェリーとして ボクシング人として』
  ボクシング界のトップレフェリーとして
 活躍してきた森田健氏。
 レフェリー、ジャッジとしてはアジア人
 最高となる97回(2006年2月現在)の
 試合を裁き、世界の「モリタ」としてその
 名は轟く。
  2005年1月には特別功労賞を受賞し
 「これからは世界に通用するレフェリーを
 育成する」と抱負を語った。
タイトル: レフェリーとして ボクシング人として
出版社: 自費出版
 池内 嘉正 著 『日本の島 再発見』
  ふりかえると、それぞれの島に、
 日本の心がいっぱい・・・。
 素朴な島の人情。過疎化の現実。
 破壊・・・そして、たくましく息づく自然。
 美しく咲く花・・・。
  いま、我々は「モノの時代」からもう一度
 “心の時代”をとりもどそうとしている。
 その時代に生き、六十歳の「還暦」を
 迎えた私は第三の人生の“入り口”に
 立って、この機会に何か「心に残る旅」
 をしたいと思い、日本離島六十巡り
 を試みました。
タイトル 日本の島 再発見
発売元: 池内嘉正 
 小久保 晴行 著 『欧州幻影』
  人間は、誰でも「外面的生活」と「内面的
 生活」を持っている。
  本著は、文字通り私のヨーロッパへの
 想いであり、「内面的生活」の一端で
 あって、自分自身の「欧州幻影」である。
タイトル: 欧州幻影 2,000円(税別)
発行所: 短歌新聞社 TEL (03)3312−9185(代表)
 小久保 晴行 著 『パリ日乗』
  私が最初にパリに行ったのは、
 1960年代の初めであり、もう四十数年
 が経っている。
  私が青年の頃に出会った自由で何事に
 もこだわらない伸び伸びしたパリの雰囲気
 は、自分には、喩えようもなく素晴らしい
 もののように感じられた。
タイトル: パリ日乗 2,000円(税別)
発行所: 短歌新聞社 TEL (03)3312−9185(代表)
 小久保 晴行 著 『地球万華鏡』
  「地球って生きものだ」と私は思う。
 ひとりの人間が地球上に生まれて来て、
 生きて、そして死んでいく一生なんて
 あっという間に終わってしまうが、
 それぞれの国は生き生きと変革しながら
 生き続けているのである。
 
タイトル: 地球万華鏡 2,000円(税別)
発行所: 短歌新聞社 TEL (03)3312−9185(代表)
『飛鳥Uのすべて』 〜日本最大のクルーズ客船パーフェクトガイドブック〜
  満を持して堂々デビューを果たした
 「飛鳥U」。日本最大のラグジュアリー・
 シップの全スポット、全サービスを網羅
 した、記念碑的一冊です。
タイトル: 飛鳥Uのすべて 1,200円(税別)
発行所: 海事プレス社 TEL (03)5835−4164(代表)
 厚沢 弘陳 著 『風 光と影 ボクの歩いた160カ国』
  本書は、私が45年間に海外旅行
 を続けて回数200回、世界160カ国の
 中から、特に印象に残った写真を選び
 掲載致しました。どうぞ御高覧下さい。
タイトル: 風 光と影 ボクの歩いた160カ国 2,990円(税別)
発行所: (株)クレオ TEL (03)3464−3025(代表)
 野田 隆 著 『列車で巡るドイツ一周 世界遺産の旅』
  ドイツには歴史的建築物や美しい
 街並みが、そこかしこに残っている。
 そんな街に出あうと、時間を忘れて
 ゆっくりと散策したくなる。スケジュール
 に追われ旅はパスしよう。ならば車窓
 や食事も楽しめる鉄道での移動に
 決定。ドイツ鉄道のネットワークは、
 初心者にもわかりやすい。列車で
 回れる快適アクセスの世界遺産を
 ぐるッと紹介!。
タイトル: 列車で巡るドイツ一周 世界遺産の旅 857円(税別)
発行所: (株)角川書店 TEL (03)3238−8521(営業)

 近藤 聰 著 『アンコール・極上葡萄酒談義』
アーチストの近藤さんは、初めて出会う人、
世界にも、臆することなくゆうゆうと共感・
参加されて、各地の美酒とともに、読者に
幻想的で絵画のような世界を展開して
くれます。視覚・味覚・幻覚の世界へようこそ。有坂芙美子氏序文より。
(コマンドリー・ボルドー東京・名誉会長)

タイトル:
アンコール・極上葡萄酒談義 10,000円(税別)
発行所: SENSHU AD CREATORS CORPORATION
TEL (03)3230−7694(代表)
 芦原 伸 著 『へるん先生の汽車旅行 小泉八雲、旅に暮らす

小泉八雲は元祖バックパッカーだった。
明治23年、一人の食い詰めたジャーナリスト
が、大陸横断鉄道でカナダを横断、横浜を
経て松江までやってくる。八雲の人生を変え
た鉄道旅を、紀行作家が辿る。

タイトル:
へるん先生の汽車旅行 1,700円(税別)
発行所: (株)集英社 TEL (03)3230−6393(販売部)
 秋山 秀一 著 『大人のまち歩き』

目次
安らぎの城下町を歩く‐岡山県高梁市
寅さんのふるさとを歩く‐東京都葛飾区
SLと洋館、心和むまちを歩く‐栃木県茂木町
栗と北斎、せせらぎの道を歩く‐長野県小布施町/蔵のまちを歩く‐茨城県結城市
格子戸のまちを歩く‐石川県小松市
ガス灯のまちを歩く‐静岡県下田市
“ひょうたん島”のまちを歩く‐山形県川西町手すき和紙の里を歩く‐埼玉県小川町
家康ゆかりの歴史のまちを歩く‐愛知県岡崎市〔ほか〕

タイトル:
大人のまち歩き 1,600円(税別)
発行所: (株)新典社 TEL (03)3233−8051(営業部)


トップ アイコン
トップページヘもどる